なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

断捨離は過去にぶたれること

 

 毎日、なにか1つ捨てています。時には、ゴミ袋を持ってウロウロしては、何個もいらないものを、一度に捨てたりしています。

 

 紙類にも手を出しはじめました。美輪さんの本とか、何年も同じ場所に仕舞われているものは、ゴキブリのフンがついていたりして、そういった物は容赦なくゴミ袋行きにしてきました。

 

 あっと言う間に、ゴミ袋6袋。

 

 それでも、まだまだ沢山の物があります。

 

 断捨離していると、あっちの引き出しから、こっちの棚から、17歳の時の、20歳の時の手帳が出てきたりして。

 

 ちょっと泣きました。

 

 今までどれだけ、自分が時間を無駄にしてきていたのかを考えさせられたし、きっついなー! と。思いました。

 

 やりたいことが書いてある。

 やれば良かったのに、失敗が怖い、馬鹿にされるかもしれない、恥ずかしい、今更(まだ20歳だったのに!)頑張っても意味ない、わたしは一度も正しいレールの上を歩いてこれなかった、だから、これからもそうだろうと諦めたりして、今に至るんです。

 

 バッカ。

 本当に、馬鹿。

 馬鹿っていうのわね、あんたみたいな奴のことを言うのよ?

 

 周りの目なんか気にしちゃって。

 やりたいことも、やらないで。

 将来後悔した時、周りを見てごらんなさい? あれだけ周りのことを気にしてたのに、あれ? 周りは自分のことなんてちーっとも、気にしてなかったって気づくから。

 

 ちょっとずつでもいいから、語学の勉強していたら、あなた、今頃は通訳してたかもしれないのよ? 

 

馬鹿に姿形があったなら、多分、わたしみたいなんだろうな、と。

 

 ええ、そんな手帳も捨てました。

 高校生の頃のも、ピチピチの20歳の時のも。

 

 ちょっとすっきり。

 

 そういえば、服の断捨離もしていますが、あることに気づきました。

 

 それは夏服は沢山あるのに、冬服がびっくりするぐらいないんです。

 上着の下に着る長袖の服なんて、計3枚しかありません。わたし、今まで冬をどう乗り越えてきたんだろう?

 

 今年は、長袖の服、買おうかな。

 多分、今まで厚木の上着を着て、その下は半袖だったはず。

 

 ちょっと待って。

 

 26年もの間、そんな生き方してたの? わたし。

 

 長袖の服・・・真面目に、買おうか検討します。