なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

とあるブロガーさんがとっても心配

 

 わたし自身、ブログをしていますから、ほかのブログももちろん、あっち行ったり、こっち行ったりします。

 

 そこで、見つけたブログがあるんですけど、ブロガーさんがめっちゃ心配で、ヤキモキしてます。

 

 その人、はじめての工場勤務をするんですね。

 

 心配な理由

 ①二交代勤務

 ②保証人が必要

 ③現場見学について書かれてない

 

 ①二交代勤務について

 

 その人、はじめて工場勤務するのに、二交代やるみたいなんです。

 バイタリティ溢れる、5時間でもへっちゃらに、残業してしまう、わたしの母さえ、二交代はきつい。しんどいと、言いますし、わたしは母から二交代制はするな、夜勤はするな、ときつく言われていますから、死んでもしたくないんです。

 

 二交代と言うことは、多分、1週間は昼勤、次の1週間が夜勤のはず。

 それまで、事務職をしていたとのこと。その人の年齢を考えると、同じ女性ですし、体力を考えると、耐えられるんだろうか? と。これが、夜勤だけなら、話は変わってきます。夜勤だけなら、生活リズムも整えられやすいんです。まだ自分をケアしてあげられる余裕があるはず。これが、昼→夜→昼→夜だと、体がなれる前に、生活リズムが変わってしまうので、身体的にきついはず。

 

 ② 保証人が必要?

 

 ラテン系外国人の主な職種と言えば、工場です。彼らは、毎日様々な情報交換をしていますし、この工場、あなたにはいいんじゃない? なんて、同僚に教えたり、教えられたり。

 この工場のこの部署は最低とか、あそこの上司は、クソとか、あるいはあそこの上司はいい人だよ、とか。

 子供の体調不良で休みを、2日とったら、即クビにされたとか、この工場の、この部署はママさんに優しいよ、とか。

 

 ラテン系外国人の情報網は、頼りになるし、その情報は瞬時に広まります。

 

 そんなラテン系外国人の間でも、ただの一度も、

 

 あそこの工場、保証人がいるのよ

 

 なんて聞いたことがないんです。

 

 大企業から、中小企業に至るまで。本当に聞いたことない。一瞬、頭によぎったのが、

 

 その工場、二交代制でしょ?

 かなり人の出入りが激しいんじゃない? それだけ、仕事自体がきついか、人間関係が腐っているか、あるはその両方なんじゃないの?

 

 たぶん、わたしと同じラテン系外国人でも、その工場は避けるかも。あっ、ここやばいんじゃ・・・ってなるはず。

 

 この仕事はいやだ、と思った時に、スムーズに辞めさせてもらえるのか? とか、心配になります。

 

 ③現場見学について

 

 書かれてないんです!

 書かれてるのは面接のことだけ!

 

 声を大にして言いたい。

 

 工場は、面接よりも、見学に一番力を入れなきゃダメ!です!

 

 面接なんて、二の次です。大切なのは、見学なんです。見学しながら、色々と聞いていくんですよ!

 

 見学させてもらるか? また、見学した部署に入るのか? 自分はどのポジョンにつくのか? 作業者の人数や、作業のスピードを確認すること。

 また、スピードが速い場合は、しっかりと練習期間あるかどうか? を聞くこと。いきなりラインに入れられる場合が、あります。気をつけて。

 あとこれは日本人には、大事なことかはわかりませんが、わたしたちラテン系にとっては、大切なことで、見学した場合に、現場作業者が、上から下までジロジロ見てくるかどうか? そこの人間関係はストレスマックスかもしれません!

 

 またドライバー等は、実際に持たせてもらうこと。部品を運ぶなら、部品も持たせてもらい、これ以上に重いものは、もつのか? 持たないか? の確認をすること。

 

 休憩時間の確認よりも、もっと大切なのは、休憩場所は作業現場から遠いか? 遠くないか? 

 

 同じく食堂への距離も確認です。

 

 遠い場合は、休憩時間が短くなりますし、食堂まで行くのが苦痛で、ストレス溜まります。ただでさえ肉体労働なのに、休憩時間はしっかり休憩しないとダメです!

 

 残業については、確認と言うより、一時間までなら出来ます、それ以上は無理です! 等、自分の条件を言わなきゃダメです。ここは、妥協したらダメですし、たまーに、2時間してもらうとか、たまーに、休日出勤あると言われたら、必ずその頻度は、確認します。

 こちらの条件を相手に出して、渋る or 一瞬真顔になる場合は、却下です。

 無理に残業させられる可能性が高いです。派遣や契約の場合、多くの工場では、作業者の体調に合わせてなんてくれません。当たり前ですが(^_^;) 今日、2時間やってと言われれば、やるしかないのが、ほとんどです。

 ですが、最初から1時間までと言っておけば、切羽詰まっていない限り、断れますし、しつこく言われないはずです。

 

 また人を募集している時に、大量募集されてるか? されてないか?

 大量募集の場合は、仕事量が不安定の可能性が高く、少しでも仕事が落ちると大量にクビにされます。長く働きたいと考えている場合は、大量募集はやめた方が無難です。

 

 派遣の場合は、派遣会社も選ぶこと。

 ひとつの工場に、2つや3つ派遣会社がついていたりします。その中から、入る部署、時給の違いを確認して、自分が納得する派遣会社に登録し、工場に入ります。

 

 工場は、割に合うか、条件に合うかが、全てです。人によって、割に合わなくても、条件がいいとか、条件はイマイチだけれど、割に合うから、しばらくここで働くわ〜とか、様々です。

 

 そして、仕事内容も様々です。

 それこそ、汗水たらして働くところもあれば、冷暖房完備のところもあります。立ち仕事の場合もあれば、座り仕事の場合もあります。力よりスピードが求められることもあります。

 

 わたしが、今している工場の仕事は、

 

 ミリと秒

 

 の仕事なんです。

 ミリ単位のキズがあるか? ないか?

 キズ以外にも、部品に欠陥があるか? ないか? チェック項目は、10以上ありますが、一部品につき長くても30秒です。30秒で、全て判断します。キズを見つけても、それを瞬時に規定内の物か?  それとも、不良にするか? 判断しなきゃいけません。

 

 冷暖房完備ですよ(笑)文句言えば、室温の調整してもらえますし、汗なんて大してかきません。

 

 工場 = 臭い、汗かく は、イメージ古すぎます。

 

 いやー、知らない人だけど、本当に大丈夫なのか、と気になります。

 

 わたしも今、別の工場へ転職しようか、どうしようか、考えてるので、他人事とは、思えないんですよね。

 

 ああ、気になにります!

 

 

 最後に、なんかお節介焼きみたいで、ごめんなさい。

 そのブロガーさん、工場の仕事ダメだったとしても、自分のこと責めないでね! と、伝えたいです。