なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

BGM? そりゃあ落語で決まりだね!

 

 料理をするときに、わたしはBGMをかけます。

 

 ①洋楽 

 ②ジャズ

 ③落語

 

 その他、気分に合わせてオペラだったり、クラシックだったり、カントリーだったり。だったり。

 

 中でも大のお気に入りが落語なんです。あー、落語心中で、落語好きになったの? と、お考えになりました?

 

 いえいえ。

 

 わたしが落語に出会ったのは、わたしがまだうら若き高校生の頃でした。

 

  はじめてiPhoneを手にしたんですよ。iTunesなるものがあると知ったんですね。好奇心旺盛でしたから、早速iTunesをいじくりまわしていたら、オーディオブックを見つけまして、でスクロールしたら落語を見つけたってわけです。

 

 最初に聞いた落語は、三遊亭金馬さんの茶の湯。これが、わたしのなかで大ヒットしました。落語好きのはじまり。はじまり。

 

 好きな落語家さんは、

 ①三遊亭金馬さん

 ②桂歌丸さん

 ③立川志の輔さん

 ④桂文枝さん

 

 へっついの幽霊限定で、桂三木助さん。

 

 なんでもはじめてっていうのは、特別なもので、へっついの幽霊は、桂三木助さんのを最初に聞いたんですよ。そうしたら、他の人の聞いてもしっくり来なくて。はじめては、大事ですね。

 

 三遊亭金馬さんのは、金明竹と堪忍袋が大好き。目黒のさんまも。

 

 桂歌丸さんは、ねずみと紺屋高尾。

 

 桂文枝さんや、立川志の輔さんは、創作落語ばかり聞いてます。

 桂文枝さんなら、ちどりや、誕生日が好き。くもんもん塾も。

 立川志の輔さんなら、大黒柱やはんどたおる。踊るファックスなんて、もうたまんない!

 

 洋楽はノリノリで、ときに踊りながら。ジャズは、リラックスしながら。落語は、ゲラゲラ笑いながら。

 

 でも。

 話によっては、泣きそうになりながら。

 

 料理をしています。

 

 まだ、20代。落語が好きなんて、年寄り臭いね、なんて苦笑されてしまいますが、いやいや、一度だけ。一度だけでいいから、騙されたと思ってきいてごらん、と。

 

 元気がない時に聞くと、何だか悩んでるのがバカらしくなってくるし。

 元気な時に聞くと、もっと元気になれるし。自分自身の楽しげな笑い声を聞くのは、良いものですよ。

 

 良い時間を過ごせた、と思えますよ。

 

 なーんて、現実じゃあ言えないので、ブログに書いてます。

 現実では、落語聞くなんていうと、みんな蜘蛛の巣散らしたように逃げていきます。

 落語は、年寄り臭いなんて言われますが、そのお年寄りからも、あんたが落語?! あんなの何がいいの? あたし、一度も聞いたことないわ、と冷たくあしらわれましたよ。ははは。

 

 まあ、落語好きとは言っても、詳しくはないんです。ただただ楽しいから、面白いから、好きなんですよね。

 

 隠れているつもりはないけれど、ひっそりと落語を楽しんでいます。

 

 あっ、ちなみに歌舞伎も素敵だと思います。日本には落語も歌舞伎も、素晴らしい芸があるのに、なんで日本人たちは興味ないんだろう? と、時々不思議に思う外国人の綾波でした。

 

 

 ps.

 よければ皆さんも、一度だけでいいので、落語聞いてみてください。一度だけ。一回こっきりそれだけでいいので。