なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

2014年の手帳

 

 今日は仕事を休みまして、スーザン・フォワードさんの【となりの脅迫者】を読んだり、冷凍大根を使って味噌汁を作ったり、まったりと過ごしました。

 

 ▶︎ 見えない問題

 

 我が家は機能不全家庭です。多分、わたしはアダルトチルドレンなのだと、感じています。とにかく小さな頃から、産まれてきちゃいけなかった、死にたいと、20代後半の今まで、思いながらも生きてきました。生理で(ホルモンバランスが乱れる?)影響をかなり受けやすく、とにかくメンタルが安定しません。

 

 向き合わなきゃ。

 

 今、親との関係や、これまでの人生(120%ブラック)に対して、自分ペースでなんとか、向き合っています。

 

 そして、今になって毒親モラハラについての本を読んでは、泣いたり、過去が刺激されて辛くなったりしています。

 

 このとなりの脅迫者では、わたし自身に対する契約で、大号泣。どうして、泣いたのか自分でもわかりませんが、悪い涙ではないと感じました。

 

▶︎ちゃんと生きてきた

 

 クローゼット内の整理をしていたら、2014年の手帳が見つかりました。3年前の手帳。3年前の自分は、介護職でした。メンタルの不安定さが今よりすごくて、8時間勤務は無理でした。

ギリ 20代前半の自分。一月のお給料が最高で8万円。平均6万えぐらい。

 手帳のマンスリー欄には、沢山の泣き顔と、死にたいの文字。

 

 でも、死ななかった。

 こんなにしんどかったのに。

 えらいね。すごいね。

 頑張ったんだね。

 

 あなたが、沢山の死にたいを乗り越えてくれたおかげで、わたしは今も生きています。愛猫をこの世に残すことなく、なんとか生きています。

 

 ありがとう。

 

 世間から見たら、わたしは出来損ないだと思うんです。20代後半なのに、正社員じゃないし、貯金もこれからとか考えてるし。親に生かされてるし。恋愛したこともないし。ちょいちょい仕事を休んでしまうし。スキルないし。体は弱いし。メンタルはもっと弱いし

 情けないんだろうなあ。ダメ人間なんだろうなあ。

 

 でも。

 3年前より、前進したなと思います。

 とりあえず8時間働けてるし、給料はアップしたし。残業だってできるようになったんだからね!10万以上稼げるようになりました

 ダイエットだって、マイナス9キロしたし、貯金だって、考えるだけまだマシじゃない?  

 自分のことを労われるようになりつつあるし。

 

 変わるって、少しずつなんだなと改めて思いました。

 

 まして、小さな頃からの死にたいとは10年以上の付き合いですから、一気に変わる方が怖いかな。

 今でも死にたいはありますが、死にたくはありません。愛猫を残しては逝けないと、その思いが強くて。

 

 死にたいのなかに、生きたいも混ざるようになりました。

 そんな自分を盛大に褒めたい。肯定したい。今まで散々、自分が悪いと1から100まで責めて生きてきたけれど、自責が何か、良いことに導いてくれたことってないんですよね。

 

 だから、今、生きてるわたしに、乾杯!!