なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

手帳・・・いる?

 

 手帳2018年、問題。

 アマゾンでも色々な手帳が出始めましたね。

 

 わたしは、ミドリの猫柄手帳にデレデレしたり、他の猫柄手帳にニマニマしてみたり。

 

 かと思えば、ピカチュウの手帳に可愛い〜と呟いてみたり。

 

 が。

 

 手帳、いらない。

 

 最近は、バレットジャーナル&ログノートがありますから。手帳が、活躍しない。恐ろしいほど放置されてる手帳たち。

 

 前までは、あれも! これも! と買いあさり、どう使おうか、悩む。悩むことに時間を使いまくっていたら、あれ? もう9月? あら、やだ! 来年の手帳買わなきゃっ! 以下、エンドレス。

 

 でもね。

 

 わたし・・・

 

 疲れ果てました。

 

 

 手帳について、何に使うか考えるの、嫌だ。心底、疲れ果てました。

 

 だって、ないんですもん。使い道なんて。無から有を生み出すのって、至難の技ですよ。

 

 100均で、手帳買うならありだと思うんですよ。でも、以前みたいにカバーだけで2万近く。手帳本体だけで3千円とかは、やめます。

 

 でも、コンパクトで日付の確認できて、ちょこっと書き込めるの欲しい。

 そこで、辿り着いたのが5年手帳。

 

 能率手帳に、プチ絵日記書いてますが、それも今年限りにして。

 

 1000円越えの手帳は、一冊のみで生きていこうかと。あとは、頭おかしくなって買っても、100円のなら許そうかと。

 

 手帳よりも、自由度の高いバレットや、ノートの方が自分にあっていたのだなあ、としみじみと感じる今日この頃です。