なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

離脱性口唇炎、メンタルダウン。

 

 20代前半に、離脱性口唇炎になりました。あまりの唇のグロテスクさに、一歩も外出ができず、一年間と少し、家に引きこもっていました。

 

 この病気の何が怖いか?

 食べること=生きること ですよね?

 

 酷かった時は、まともに口が開かずにストローで、ご飯を吸う生活をしていました。唇に食物が当たるのが嫌で、固形物を食べられない期間が、七ヶ月ぐらい? 酷いものでした。難治性で治りにくく、治療法が明確ではなく。

 笑うことも、泣くこともできません。常に無表情で。話をする時は唇を動かさないで、口をほんの少し開けて、そこから音を出す感じで。辛いです。

 もう、この病気トラウマ過ぎて。

 

 唇の黄色いカサブタがとれ、白い皮になり、それも目立たないほどになり、かなり薄いものの唇の皮がなんとか出来て、引きこもりを終えられましたが。

 この三、四年、なんとか唇荒れもなくきましたが。

 

 その口唇炎が帰ってきました。

 そこまで酷くはないものの、これを悪化させると、またあのストロー地獄になるのは目に見えています。

 

 付け加えて、ヘルニアもあり。

 仕事が思うように出来ないストレス。

 夏だけ肌がかゆくなる、というストレス。ストレス。ストレス。ストレス。

 

 で。

 死にたいと思うほど、精神的に追い詰められてます。

 体も強くないなら、メンタルも小学生の頃に、うつ病になるぐらい弱いわたし。

 

 何回も死にたいを乗り越えてきましたが。今回の死にたいは危険な気がするのですよ。下手したら、ひょいと逝きかねないのでは? 

 

 いや、わたし、死にたくないし。

 

 泣いて、冷静になると、わたしは死にたくないのですよ。

 

 多分、メンタルにダメージを食らい過ぎて、脳が自動操縦モードになり。

 辛い?

 よし! 死のう!

 になってしまうんだろうな、と。

 色々考え過ぎて、より苦しくなる前に、サクッと死のう! みたいな、誘導してくるんだけど。

 

 いや、死にたくないし。

 

メンタルだけじゃなくて、身体的にも辛い。口唇炎は、わたしにとどめを刺しにきた感じですね。

 

 長期休暇を取れるなら取って、しばらくメンタルを落ち着けたいし、口唇炎を悪化させないようにしたい。

 

 悪化して、まともに食べられなくなったら、どのみち仕事は一時休止になるわけで。

 

 生きる方向で、どうするか考えてます。人生、大変だわ。