なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

お昼ごはん

f:id:ami2016:20170714123655j:image

 

 今日のお昼ごはん。

 白米に味付きサバ。

 さつま揚げ入り根菜煮★

 きゅうりとわかめとツナの和え物★

 納豆

 水

 

 ★がついているのが自分で作って、作り置きにしているもの。

 

 わたしは実家に暮らしていますが、両親と味覚が全然違うのです。

 ちなみに、わたしは日本人ではないですよ? ラテンの血を持つハーフです。

 

 で。

 両親は、油! 油! 油! 味は超×1000濃いめでね!

 母の炒飯みたいな料理食べるでしょ?

 食べ終わった時に、お皿見るでしょ?

 

 油でてらってらに光っている。むしろ、油溜まってる? とドン引きするぐらい油が使われてるんです。

 

 母のいれたコーヒーは、コーヒーではなくてただの砂糖です。

 おかげさまで、父親は糖尿病です。

 

 食品についての本を読んだことや、母の料理を食べ続けたら、わたしも近い未来に糖尿病になるかもしれない、という考えがよぎったことで、自炊を始めました。

 

 自炊の最大のデメリットは。

 薄味になれてしまうこと。今まで美味しいと食べてきたコンビニや、スーパーの惣菜を食べても、美味しいと感じなくなりました。

 味付きサバ缶は、すんごく美味しいけどね! でも、味噌のサバ缶は苦手になってしまった。

 

 わたしは両親とは違って、超薄味派になりました。

 

 え?

 これ、調味料入ってんの? 

 お前の料理には味がない。

 

 と、両親に言われますが、気にしません。

 

わたしの作る料理・・・・・・

 

 

マジで

美味しい!!!

 

と、食べるわたしが思ってるから。

 ノープロブレム。

 

 次は何を作ろうか、考えまーす。

 というか、食費の節約考えなきゃ