なんとなくな わたし だから

なんとなくいきてる私の、なんとなくな日常

断捨離は過去にぶたれること

 

 毎日、なにか1つ捨てています。時には、ゴミ袋を持ってウロウロしては、何個もいらないものを、一度に捨てたりしています。

 

 紙類にも手を出しはじめました。美輪さんの本とか、何年も同じ場所に仕舞われているものは、ゴキブリのフンがついていたりして、そういった物は容赦なくゴミ袋行きにしてきました。

 

 あっと言う間に、ゴミ袋6袋。

 

 それでも、まだまだ沢山の物があります。

 

 断捨離していると、あっちの引き出しから、こっちの棚から、17歳の時の、20歳の時の手帳が出てきたりして。

 

 ちょっと泣きました。

 

 今までどれだけ、自分が時間を無駄にしてきていたのかを考えさせられたし、きっついなー! と。思いました。

 

 やりたいことが書いてある。

 やれば良かったのに、失敗が怖い、馬鹿にされるかもしれない、恥ずかしい、今更(まだ20歳だったのに!)頑張っても意味ない、わたしは一度も正しいレールの上を歩いてこれなかった、だから、これからもそうだろうと諦めたりして、今に至るんです。

 

 バッカ。

 本当に、馬鹿。

 馬鹿っていうのわね、あんたみたいな奴のことを言うのよ?

 

 周りの目なんか気にしちゃって。

 やりたいことも、やらないで。

 将来後悔した時、周りを見てごらんなさい? あれだけ周りのことを気にしてたのに、あれ? 周りは自分のことなんてちーっとも、気にしてなかったって気づくから。

 

 ちょっとずつでもいいから、語学の勉強していたら、あなた、今頃は通訳してたかもしれないのよ? 

 

馬鹿に姿形があったなら、多分、わたしみたいなんだろうな、と。

 

 ええ、そんな手帳も捨てました。

 高校生の頃のも、ピチピチの20歳の時のも。

 

 ちょっとすっきり。

 

 そういえば、服の断捨離もしていますが、あることに気づきました。

 

 それは夏服は沢山あるのに、冬服がびっくりするぐらいないんです。

 上着の下に着る長袖の服なんて、計3枚しかありません。わたし、今まで冬をどう乗り越えてきたんだろう?

 

 今年は、長袖の服、買おうかな。

 多分、今まで厚木の上着を着て、その下は半袖だったはず。

 

 ちょっと待って。

 

 26年もの間、そんな生き方してたの? わたし。

 

 長袖の服・・・真面目に、買おうか検討します。

楽がしたい 手帳事情

 

 来年はバレットジャーナルじゃあ!! と、思っていました。

 さて、無地にするか? 

 それとも、方眼にするか?

 

 両方のMDノートを並べて、鉛筆で書き込んだりして、悩んでいましたが、強烈に思ったことがあります。

 

 定規を使いたくない。

 

 自分でガントチャートを作るのが面倒すぎる! 方眼だと、方眼が小さすぎる! どういじってみても、納得できない。

 

 そこで、思い出した存在が。

 

 ダイゴーのプロジェクトダイアリー。

 見開きで、上にマンスリー、下にガントチャートがあるんですね。

 

 このダイゴーと、MDノートの無地をセットで使えばいいじゃん!

 

 だって、わたし、楽したいんだもん!! 

 

 手帳沼って、本当に恐ろしいですね。

 こうやって、どんどん手帳が増えて行くんです。

 

 手帳が手帳を呼んでるみたい。

 

 バレットジャーナルの準備は、12月にはじめます。

 

 

仕事を変える

 

 と、言っても派遣から派遣なんですがね (^◇^;)

 

 

 時給の違いや、将来性を考えると、今の職場に留まるのは、自分のためにはならないかな、と考えました。

 

 どうして悩んでいるか?

 なんと、今の職場が時給を上げますよ! なんて話をはじめたからです。

 

 時給を1000円にはしたい、と。

 でも、確実ではないし、将来性はありません。私よりガンガン残業して、めっちゃ頑張ってる人も、契約社員止まりですから。

 

 でも、わたしが行こうと考えてる場所は、外国籍でも社員になるチャンスが与えられますし、実際に母の友人は、見事にテストを受けて、合格して社員さんになりました。

 

 その人とも、お電話しました。

 日本語が分かるあなたなら、立場を上げてくれるだろうし、プッシュアップしてくれるだろうから、その点では後悔しないと思いますよって、言われましたよ。

 

 わたしはヘルニアがありますから、1週間とか、休みが必要な場合は配慮してもらえるか? と、聞くと・・・

 例えば身体を壊して、長期休みが必要になっても、1ヶ月なら待ってくれますよ、と言われました。

 

 今の工場は好きだし、沢山お世話になったけれど、辞めようと思います。

 ぬくぬくしていられる場所だけれど、そのぬくぬくが、この先の人生をじわじわと締め上げて行くだけなんじゃないか、と感じています。

 

 仕事を辞める決断って、勇気がいりますよね ´д` ; 

 派遣で居心地が良いと、特に。

 

 新しい場所で、気持ちを新しくしたいし、まだ20代なので、チャンスに対して尻込みしたくないです。

 

 あっ、ちなみに転職先には採用されてますし、働き始める日も無事に決まりました! 

 

 あとは、今の職場に話すだけ。担当者に話すだけ。頑張ろう。

 

 

とあるブロガーさんがとっても心配

 

 わたし自身、ブログをしていますから、ほかのブログももちろん、あっち行ったり、こっち行ったりします。

 

 そこで、見つけたブログがあるんですけど、ブロガーさんがめっちゃ心配で、ヤキモキしてます。

 

 その人、はじめての工場勤務をするんですね。

 

 心配な理由

 ①二交代勤務

 ②保証人が必要

 ③現場見学について書かれてない

 

 ①二交代勤務について

 

 その人、はじめて工場勤務するのに、二交代やるみたいなんです。

 バイタリティ溢れる、5時間でもへっちゃらに、残業してしまう、わたしの母さえ、二交代はきつい。しんどいと、言いますし、わたしは母から二交代制はするな、夜勤はするな、ときつく言われていますから、死んでもしたくないんです。

 

 二交代と言うことは、多分、1週間は昼勤、次の1週間が夜勤のはず。

 それまで、事務職をしていたとのこと。その人の年齢を考えると、同じ女性ですし、体力を考えると、耐えられるんだろうか? と。これが、夜勤だけなら、話は変わってきます。夜勤だけなら、生活リズムも整えられやすいんです。まだ自分をケアしてあげられる余裕があるはず。これが、昼→夜→昼→夜だと、体がなれる前に、生活リズムが変わってしまうので、身体的にきついはず。

 

 ② 保証人が必要?

 

 ラテン系外国人の主な職種と言えば、工場です。彼らは、毎日様々な情報交換をしていますし、この工場、あなたにはいいんじゃない? なんて、同僚に教えたり、教えられたり。

 この工場のこの部署は最低とか、あそこの上司は、クソとか、あるいはあそこの上司はいい人だよ、とか。

 子供の体調不良で休みを、2日とったら、即クビにされたとか、この工場の、この部署はママさんに優しいよ、とか。

 

 ラテン系外国人の情報網は、頼りになるし、その情報は瞬時に広まります。

 

 そんなラテン系外国人の間でも、ただの一度も、

 

 あそこの工場、保証人がいるのよ

 

 なんて聞いたことがないんです。

 

 大企業から、中小企業に至るまで。本当に聞いたことない。一瞬、頭によぎったのが、

 

 その工場、二交代制でしょ?

 かなり人の出入りが激しいんじゃない? それだけ、仕事自体がきついか、人間関係が腐っているか、あるはその両方なんじゃないの?

 

 たぶん、わたしと同じラテン系外国人でも、その工場は避けるかも。あっ、ここやばいんじゃ・・・ってなるはず。

 

 この仕事はいやだ、と思った時に、スムーズに辞めさせてもらえるのか? とか、心配になります。

 

 ③現場見学について

 

 書かれてないんです!

 書かれてるのは面接のことだけ!

 

 声を大にして言いたい。

 

 工場は、面接よりも、見学に一番力を入れなきゃダメ!です!

 

 面接なんて、二の次です。大切なのは、見学なんです。見学しながら、色々と聞いていくんですよ!

 

 見学させてもらるか? また、見学した部署に入るのか? 自分はどのポジョンにつくのか? 作業者の人数や、作業のスピードを確認すること。

 また、スピードが速い場合は、しっかりと練習期間あるかどうか? を聞くこと。いきなりラインに入れられる場合が、あります。気をつけて。

 あとこれは日本人には、大事なことかはわかりませんが、わたしたちラテン系にとっては、大切なことで、見学した場合に、現場作業者が、上から下までジロジロ見てくるかどうか? そこの人間関係はストレスマックスかもしれません!

 

 またドライバー等は、実際に持たせてもらうこと。部品を運ぶなら、部品も持たせてもらい、これ以上に重いものは、もつのか? 持たないか? の確認をすること。

 

 休憩時間の確認よりも、もっと大切なのは、休憩場所は作業現場から遠いか? 遠くないか? 

 

 同じく食堂への距離も確認です。

 

 遠い場合は、休憩時間が短くなりますし、食堂まで行くのが苦痛で、ストレス溜まります。ただでさえ肉体労働なのに、休憩時間はしっかり休憩しないとダメです!

 

 残業については、確認と言うより、一時間までなら出来ます、それ以上は無理です! 等、自分の条件を言わなきゃダメです。ここは、妥協したらダメですし、たまーに、2時間してもらうとか、たまーに、休日出勤あると言われたら、必ずその頻度は、確認します。

 こちらの条件を相手に出して、渋る or 一瞬真顔になる場合は、却下です。

 無理に残業させられる可能性が高いです。派遣や契約の場合、多くの工場では、作業者の体調に合わせてなんてくれません。当たり前ですが(^_^;) 今日、2時間やってと言われれば、やるしかないのが、ほとんどです。

 ですが、最初から1時間までと言っておけば、切羽詰まっていない限り、断れますし、しつこく言われないはずです。

 

 また人を募集している時に、大量募集されてるか? されてないか?

 大量募集の場合は、仕事量が不安定の可能性が高く、少しでも仕事が落ちると大量にクビにされます。長く働きたいと考えている場合は、大量募集はやめた方が無難です。

 

 派遣の場合は、派遣会社も選ぶこと。

 ひとつの工場に、2つや3つ派遣会社がついていたりします。その中から、入る部署、時給の違いを確認して、自分が納得する派遣会社に登録し、工場に入ります。

 

 工場は、割に合うか、条件に合うかが、全てです。人によって、割に合わなくても、条件がいいとか、条件はイマイチだけれど、割に合うから、しばらくここで働くわ〜とか、様々です。

 

 そして、仕事内容も様々です。

 それこそ、汗水たらして働くところもあれば、冷暖房完備のところもあります。立ち仕事の場合もあれば、座り仕事の場合もあります。力よりスピードが求められることもあります。

 

 わたしが、今している工場の仕事は、

 

 ミリと秒

 

 の仕事なんです。

 ミリ単位のキズがあるか? ないか?

 キズ以外にも、部品に欠陥があるか? ないか? チェック項目は、10以上ありますが、一部品につき長くても30秒です。30秒で、全て判断します。キズを見つけても、それを瞬時に規定内の物か?  それとも、不良にするか? 判断しなきゃいけません。

 

 冷暖房完備ですよ(笑)文句言えば、室温の調整してもらえますし、汗なんて大してかきません。

 

 工場 = 臭い、汗かく は、イメージ古すぎます。

 

 いやー、知らない人だけど、本当に大丈夫なのか、と気になります。

 

 わたしも今、別の工場へ転職しようか、どうしようか、考えてるので、他人事とは、思えないんですよね。

 

 ああ、気になにります!

 

 

 最後に、なんかお節介焼きみたいで、ごめんなさい。

 そのブロガーさん、工場の仕事ダメだったとしても、自分のこと責めないでね! と、伝えたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

買いたいものはなに?

 

 今月はわたしの誕生日があるので、奮発してアマゾンカード8千円分を、買いました(*^_^*)

 

 が。

 

 どうしたことでしょう。

 あんまり、アマゾン見ても盛り上がりません。

 

 本当はEDiT B6 の分冊を買おうかと、思っていましたが、カートから消去しました。

 

 欲しいものではあるけれど、

 必要なものではない。

 

 物欲より理性の方が強くなってます。

 

 じゃあ、好きなチョコを買う? → スーパーで買えばいいじゃない? 買い溜めする必要性ある? → ないなあ。

 

 じゃあ、本を買う? → まだ読んでない本が沢山あるじゃない? それからにすれば? → そうだよなあ。

 

 で、カートに残ったのは、凍殺ジェット(お店で買うより、うんっと安い)と、デオドラントのスティックタイプが2本。

 

 でも、このデオドラントもドラッグストアで買えばいいのでは? とか、思ってしまって。

 

 以前のわたしなら、2万ぐらい使っていたと思います(笑) だって誕生日だもん! 自分が祝わなきゃ、誰が祝うのよ! と。

 

 それが、今ではアマゾンカート 8千円を満たせないって∑(゚Д゚)

 金銭感覚は、変わるものなのですね。

 

 少し前は、欲望のままにお金を使っていました。今では、品物を前に、ちょっと考えます。

 

 いつか、全てを失う。

 

 という感覚があって。どうして、そうなったのかは、心当たりがあるんですが。

 

 いつか、失うものにお金を出すの? 

 

 そう思うと、いいや、って。

 

 欲しいものはあるんですが、それを今の自分が買っても、手に入れても、嬉しさは感じないだろうな、と。

 

 誕生日だからって、特に絶対これ買う! もないし。買い物に対する熱量が、がっくんとなくなりました。

 

 不思議。

 

 

 

お猫様のごはん事情

 

 今日は、三連休最後の日!

 お猫様のごはんが届きました。

 

 f:id:ami2016:20171009103905j:image

 

 サンプル商品が、入れられていました。こういうのは、お猫様のおやつとして使っていきます。

 

 注文したものたちがこちら。

 

f:id:ami2016:20171009104058j:image

 

 お猫様もちゃっかり写真に写りましたね(^_^;) ドライフード。ニュートロ グレインフリーのサーモン味です。 

 

 まだわたしが貯金のことなんて、なーんにも考えずに湯水のごとく、ペットフードにお金を使っていた時の愛猫は、

 

 ソリッドゴールド インディゴムーン 5キロ 9千円 をメインに、アニモンダ、ザナベレ、ボジータ、ネイチャーズバラエティを食べてました。

 

 これに、夜だけのウェットフードは、

アニモンダ、アズミラ、アルモネイチャー、アーテミス、エクイリブリア、カントリーロード、シシア、ソリッドゴールド、ネイチャーズバラエティ、フォルツァ10を食べておりました。

 

 錚々たるメーカーたち。ある日は、優雅に子うさぎの肉を食べ、ある日はイタリアンサーモンを食す。

 

 添加物? 合成着色料?

 僕のごはんは全てオーガニックだよっ!! な日々でした。ちゃんと用意されたペット用お机の前に、ちょこんとすわり、行儀よく食べる。

 

 どっかのお坊っちゃまですか?

 

その当時のお猫様の毛は、宝石のごとく燦然と輝き、撫でごごち、触り心地は、うっとりするぐらいでした。

 

 で。

 今はニュートロですから、落ちたものです(^_^;)  まあ、でも元気なら良しということにしています。

 

f:id:ami2016:20171009110118j:image

 

f:id:ami2016:20171009110124j:image

 

f:id:ami2016:20171009110135j:image

 

 はじめて買ってみたウェットたち&おやつ。

 

f:id:ami2016:20171009110240j:image

 

f:id:ami2016:20171009110245j:image

 

 少しでも節約して、でも余計なものが入っていないウェットフードはないか! と探して、見つけたのが、はごろもフードの無一物でした。今ではこれが、メインウェットフードです。

 で、ちょこちょこシーバやモンプチもあげたりします。

 

▶︎昔の栄光

 

f:id:ami2016:20171009110457j:image

 

f:id:ami2016:20171009110507j:image 

 

 そうして時々、こうしてダメだって分かってて、愛猫が好きなプレミアムウェットを買ってしまいます。

 

 昔の栄光に縋っている気分です。

 ネイチャーズバラエティに、ソリッドゴールド。

 

 12月には、ソリッドゴールド全種類の味の缶を買ってあげたい。

12月は愛猫にプレミアムウェットフードを爆買いしてあげたいです。

 それを目標に今年を生きたいと思います。

 

 

 まあ、当の愛猫は美味しかったらなんでもいいよ! って感じです。わがまま言わない良い子です。

 

 飼い主のわたしだけが、プレミアムに未練タラタラなだけなのです。

 

 愛猫のお腹は満たせてるのに、飼い主の心は満たされてないって、どうよ(笑)

捨てたら

 

 10月1日から、1日に物を1つ捨てることをはじめてみました。

 

 今日はクローゼットの中にある、引き出しの1つを取り出してみてびっくり。

 その引き出しには、辞書や細々したものがあったんですが、それらがゴキブリのフンで、彩られてました

 

 Σ(゚д゚lll)

 

 き、汚い!

 思わずゴミ手袋をして、本を手にしたら・・・・・・

 

 ゴキブリ、登場!!

 

 

 ぎゃあぁあぁあ!!!

 

 凍殺スプレーで退治して、処理しました。

 

 ひぃひぃ言いながらも、何気に漢字辞書をパラパラしていたら、見つけた!

 

 

 10000円!

 

 なんと一万円が挟まってました。びっくり! でも、嬉しい(*゚▽゚*)

 

 昔のわたしは本にお金を挟んでたんです。もしかしたら、他の本にも挟まれているかもしれません。探してみようかな。うふふ。

 

 その引き出しから、本を6冊。細々したもの3つ、計9点、捨てました。

 

 1日に1つじゃないじゃん! 

 ↑ 今日だけ、ルール破ります。さすがに、ゴキブリのフン付きのものを、置いておくわけにはいかない(^_^;)